環境講演会「地球温暖化と私たちの未来」を開催しました。

平成30年2月17日(土)中目黒住区センターにて環境講演会「地球温暖化と私たちの未来」を開催しました。

環境講演会は、協会が目黒区民に環境問題への関心を高めてもらうために開催するもので、今回は「地球温暖化」をテーマに、国立環境研究所気候変動リスク評価研究室長の江守 正多(えもり せいた)氏をむかえ、地球は本当に温暖化しているのか、未来はどうなっていくのか、また、地球のために私たちはできることは何か?などについて講演が行われました。

 

講演では、環境省が企画・制作するDVD「気候変動への挑戦」がダイジェストで上映し、このまま温暖化が進んだ場合の2050年の日本の天気などが紹介されました。江守氏からは、地球温暖化の仕組みや予測される100年後の気温上昇量、パリ協定と世界の動きなどをグラフと身近な事例を交えてわかりやすく説明いただきました。

 

講演の中で江守氏は「我慢して温暖化に取り組むということではなく、世界の仕組みが変わっていかなければいけない。また地域の中で、温暖化について意見を交換するなど、普段から温暖化対策に関心を持っていただければと思います」と話されました。