· 

学習会「縄文時代の環境変化と人々の生活 」が開催されます

環境保全活動団体「fun to shareめぐろ笑エネトライ」が学習会を開催します。

「縄文時代の環境変化と人々の生活 ー考古学から見た人と自然の関わりー」

 ひとつの時代が約12,000年間も続いた縄文時代の人たちは、どのように自然と関わり、どのような生活をしていたのでしょうか?縄文時代に起きた気候変動と生活スタイルの変化、その時代の目黒区の地形的位置、また縄文人の自然に対する畏敬の念など、過去から現代に通じる知恵を学びます。

 

日  時:2019年 9月14日(土)14:00~16:00

場  所:目黒区緑が丘文化会館別館2階第10研修室

講  師:公益財団法人東京都スポーツ文化事業団 東京都埋蔵文化財センター経営管理課広報学芸担当 並木 仁氏 

定  員:30名(先着)要事前申し込み(9月13日締め切り) 入場無料

参加申込:ホームページ(https://fun-to-share.jimdofree.com/ )から

主  催:fun to shareめぐろ笑エネトライ

共  催:めぐろ環境マネジメントシステム研究会・MGK10

後  援: エコライフめぐろ推進協会

 ※詳しくは、縄文時代の環境変化と人々の生活 チラシ(PDF)をご覧ください。