『親子ふれあい自然体験講座』を開催しました。

平成30年7月31日(火)多摩川河川敷にて『親子ふれあい自然体験講座』を開催しました。

年1回の自然体験講座。今回は身近で自然豊かな田園都市線二子玉川駅から徒歩10分ほどの多摩川の河川敷で行いました。本当に近くで自然体験ができてしまうのです!今回の講座の目的は生物多様性を学ぶ事です。「砧・多摩川あそび村」の方をむかえ、川遊びの方法を教えいただきました。

 

当日は絶好の川遊び日和!最初は『ガサガサ遊び』をしました。『ガサガサ遊び』は魚取り用のタモ網で、川や水路などに棲む生き物を捕まえる川遊びです。まず網の使い方や魚がいそうなポイントを教えてもらいスタート!はじめはなかなか捕まえられませんでしたが、コツをつかんだ子どもたちは次々と生き物を捕まえていました。捕まえた生き物の種類はなんと10種類以上!!「こんなにたくさんの種類のいきものがつかまるなんてラッキーだね」と講師の方に言われ、参加した子どもたちは嬉しそうでした。捕まえた魚は、講師の方に説明をしていただき、在来種と外来種の魚とに分け、在来種は川にリリースしました。「外来種は本来ここにいてはいけない生物なので、川に戻してはいけないんだよ」という講師の説明を子どもたちは真剣に聞いていました。

『川流れ体験』では、最初は緊張して体が固まっている子どもたち…。講師の方が「力抜いてリラックス~」の言葉をかけてくださり、それを聞いた子どもたちはリラックスできたらしく、流れ方も上手になり、どの子もキラキラした目で何度も川流れをしていました。

 

参加者の方々からは、「こんなに身近な場所で、こんなすばらしい体験ができるなんてすごい!」、「また来年もやってほしい♪」などなどたくさんの感想をいただきました。