· 

「へちまdeスポンジプロジェクト2021」形を変えたスポンジ作り

 

 収穫したへちま の実から取り出した繊維を、また違った形のスポンジ加工してみました!

 

「へちまdeスポンジプロジェクト」について →


<11月初旬>

実7から取り出しておいた 繊維ブログ「11 スポンジ作り④」参照)を使って、またこれまでとは違った形のスポンジ

作ってみようと考えました。輪切りも使い勝手が良いのですが、フラットな形加工するのにも挑戦してみました!


 実7繊維  およそ19㎝  側面からハサミを入れて切り開いて、 中心の硬い部分を切り取りました。


 水につけて柔らかくし、汚れもとりました。 アイロンをあてて平に伸ばし、 硬い部分の湿り気もとりました。


 タテ半分に折りあわせて、 およそ1/2になるようにハサミでカットしました。 2つに切り分けられた状態。


 切り口を綿のでかがると、 出来上がり!  大きさはそれぞれ、およそ10㎝×6㎝と、およそ9㎝×3~5㎝

 硬い部分は丸めて、端を糸で止め、

  直径4.5㎝ほどの小さなたわし

  を作りました! 泥つきの野菜を

  洗うのに使えそうです。

 

へちま1本分のから、これだけ

   加工することが出来、大満足です♪



 朝晩冷えるようになり、街路樹も紅葉し始めましたが、実10 実11実12 収穫は、まだまだこれから。


 そろそろ収穫時を見極めて、ネットを外すことも 計画しなくてはと考えています

 今後は、そういった作業もご報告していきたいと思いますのでどうぞお楽しみに♪